ニゾラールが有効な菌と症状について

ニゾラールは、主にカビのなかまにあたる真菌を殺菌するはたらきのある医薬品で、真菌が原因となっている皮膚病の治療などの目的で用いられています。このニゾラールの有効成分は、真菌がもつ細胞膜を破壊することができるため、患部に投与されると、そこにいた真菌が死滅して、結果として病気を治癒することができるのです。ニゾラールが有効な真菌の具体的な種類としては、白癬菌、カンジダ、マラセチア菌が挙げられます。
白癬菌は、世間一般に水虫と呼ばれている病気をひきおこすもので、特に高温多湿の環境を好むため、靴をはくために蒸れやすい足に感染するケースがほとんどですが、手やその他の体の一部にも感染することがあります。皮膚がむけたり、ひび割れができたり、強いかゆみを伴うなどの症状が特徴で、足の水虫のほかにも、陰部にできるたむし、頭部の円形脱毛を生じさせるしらくもなども白癬菌の感染症の一種です。
カンジダが皮膚や粘膜に感染してできる病気は、カンジダ症と呼ばれています。手に感染した場合は、指の間の皮膚が白くふやけた状態になるのが特徴です。また、性器周辺に感染した場合には、強いかゆみを覚えたり、おりものがひどくなったり、性器に炎症ができたりといった症状が現れるのが通例です。
マラセチア菌は、黒なまずと呼ばれる病気をひきおこすもので、主に胸や背中などの皮膚の一部が変色して剥がれ落ちるという症状がみられますが、皮膚のかさつきはあるものの、かゆみや痛みはほとんどないのが特徴です。
そのほか、真菌の繁殖が関連しているのではといわれる病気に、脂漏性皮膚炎があり、これは脱毛症、頭皮のかゆみやフケなどの症状として現れます。そこで、最近ではニゾラールの有効成分をシャンプーのなかに配合した製品も出回っています。

■病院に行きにくい方はネット通販での購入がお勧めです
性病で最も嫌われる淋病を自宅で治療

■ヘルペスの治療をするならバルトレックスです

■クロトリマゾールも真菌に有効です
エンペシドクリーム